menu

伊吹島のいりこ漁 始まっていま~す!

香川県の西端、観音寺市伊吹島(いぶきじま)で、今年も6/13から『いりこ漁』が始まっています。 香川で「イワシ」と言えば「イリコ」(煮干し)になる「カタクチイワシ」が代表種です。 カタクチイワシをゆでて干したものが「イリコ」です。

伊吹島は「いりこの島」として知られており、『伊吹いりこ』という名前も全国区になってきました。この島は、観音寺市の西方、沖合約10kmに位置する人口約600人の小さくて静かな島です。6月~9月までは住民の半数以上がいりこ作りに関わり、島を囲むようにある加工場はいりこ作りで活気にあふれています。休漁日は日曜日と木曜日だけ! 浜ではいりこの選別など、この時期は一家総出でいりこ漁と生産に大忙しです!

 

いざ、いりこ漁へ

  1. 朝日とともに出港!いってらっしゃい
  2. 大漁!!パッチ網を引き揚げ運搬船へ
  3. ポンプでいりこを吸い上げて加工場機械へ

いりこの原料となるカタクチイワシは、イワシ機船船びき網漁業で漁獲されます。パッチ網と呼ばれる漁法です。漁船は網船2隻と運搬船1~2隻で一船団を組みます。魚群探知機でイワシの群れを探し出し、全長300mにおよぶ大型の網を2隻の網船でひき、魚群を網に追い込んだのち網を絞ります。

イワシは鮮度が命!!

  1. 加工場に運ばれたカタクチイワシ
  2. 茹であがっていますよ~ワクワク
  3. じゃ~ん!できあがり!

鮮度落ちが早いカタクチイワシは、いかに素早く加工するかがポイント!他の産地では漁と加工が分業になっていますが、伊吹島では水揚げから茹で上がるまで、わずか30分以内で乾燥機へかける一貫生産加工という方式をとっています。これが「伊吹いりこ」のおいしさの秘密なのです!もちろん添加物など一切使用していません。また島の周囲に広がる燧灘(ひうちなだ)は、水深が浅く流れも緩やかため、イワシの骨や身が柔らかいのも特徴です。

選ばれしいわしが 「伊吹いりこ」に!

  1. カタクチイワシ以外の魚も獲れます
  2. 新物のいりこ
  3. いりこ飯

水揚げされたカタクチイワシすべてが茹でられるわけではなく、厳しい選別を戦い抜いたモノたちだけが「伊吹いりこ」の称号をもらえるのです。イワシも大変です。今年の「伊吹いりこ」はすでに店頭に並んでいます。ぜひ、新物を手に取ってくださいね。お出汁をとるのもヨシ、いりこ飯でいただくのもヨシ、炙りいりこを日本酒に入れた「炙りいりこ酒」をいただくもヨシ!

ぜひ、おいしい新物の「伊吹いりこ」を召し上がれ♪

PAGE TOP