地元の恵みが缶詰にギュー

2018-6-14
海と日本PROJECT in かがわ

こんにちはカメノテですʚ🐢ɞ

様々な地元の『海』への取り組みを行なっている『香川県立多度津高等高校』
今回は写真部が、地元産のオリーブやカキなど地元の特産品が入った缶詰を作りました🥫

その名も『たどつの恵みアヒージョ』☆彡

6次産業商品としての提案を視野に入れての取り組みということでイベントの際に無料配布したそうなんですが、瞬殺でなくなってしまうという人気ぶり!!この缶詰には地元の特産品と、地域への感謝の気持ちがたっぷりと詰まっているんです🥫🥫

『高校生』ならではの取り組み

  1. 地元の海の恵みを使用
  2. 一つ一つ丁寧に
  3. お勧めガーリックトースト!!

『たどつの恵みアヒージョ』🥫は、写真部のみなさんが、活動を通じてお世話になっている地域の皆さん地元への感謝の気持ちを表そう!と作られました。

使用したのは多度津町の『オリーブオイル』に『白方カキ』。そして宇多津町の『入り浜式の塩』、琴平町の『こんぴらにんにく』、丸亀にある手島の『香川本鷹』。

部員たちはみんなで農家さんたちに出向いてお願いして食材を集め、味、見た目など試行錯誤を繰り返しながら、海洋生産課(さすがエキスパート!)の協力のもと完成!

4月に行なった無料配布は大盛況!また、先週末の日曜日に行われた『たどつ商工産業フェア』でも限定30缶が無料配布されましたが、これまた一瞬でなくなったそう。生徒たちは、缶詰の噂を聞きつけて並んでいる客さんたちの行列に、目を細めていたそうです。

写真部は様々な活動をしているそうですが、授業では味わえない、地域の人とのふれあいに笑顔もたくさんこぼれていたんですって(^^)💌

地元の海の恵みてんこ盛り、食べるとみんなが、地域が元気になるたどつの恵みアヒージョ、次の配布は9月に予定されている、多度津町の合田邸(コチラ)の公開時だそうです。販売の予定はないそうですのでチェックしてみてくださいね😊

関連リンク

ページ上部へ戻る