menu

多度津高校 海洋技術科『世界は海でつながっている事実』

カメノテです🐢
さて、香川県立多度津高等学校には、さまざまな学科・コースがあります。
機械科・電気科・土木科・建築科・進学コース、そして海洋水産科に海洋技術科。
そのなかでもよく耳にするのが海洋技術科の『香川丸』。

漁業や海洋観測を行う実習船「香川丸」は年間2回航海実習に出ますが、今年はまず、1月11日、ハワイ沖に向け出航しました。66日間の航海実習に参加したのは多度津高校の実習生22人。
ハワイ沖でマグロの「はえ縄漁」や海洋観測を行いました。

出発式ではみなさん緊張した面持ち

  1. 66日間という船上での生活です。
  2. 海、世界の広さを高校生はどう感じるんでしょうか。

海洋技術科では、船舶を運航するための知識や技術を習得し、船舶職員や水産関連産業に従く技術者の養成を目指して います。2年生からは航海技術コース、機関工学コースに分かれてより専門的な学習を行います。

この香川丸航海実習に加えてダイビング・ヨット・小型船艇の操船など海に関する実習や溶接・エンジン取り扱いなどの実習も行い、卒業時に条件を満たせば、五級海技士の筆記試験が免除されるそうです。

太平洋の厳しい自然の中で、仲間と助け合いながらすごした日々はどんな経験となって彼、彼女たちの中で力になっていくのでしょうか。

ほんと貴重な体験!ですね。次回の出航は9/1だそうです。

そんな『香川丸』になんと乗船体験できるイベントがあるんです!!詳しくはハマちゃんがお伝えする予定ですのでお楽しみに~🐟

海のそばで働く人たちも養成する学校『香川県立多度津高等学校』!ん~もうひとつのコースも気になる!

というわけで、『香川県立多度津高等学校 海洋水産科編』につづく!

PAGE TOP