menu

大きな世界へつながるミニミニ水族館

こんにちは。食べても美味しい出汁も美味しい、ぜんぶ美味しい貝のカメノテです。お味噌汁なんかに抜群です。脇役、だけじゃないので頑張ります。 よろしくお願い致します。

さてさてみんな大好き❤️といえば・・・『水族館』💌 水族館ってわくわくしますよね💌 様々なスタイルがある水族館ですが、ここはぜひ行っていただきたい!

香川県多度津町にある『多度津高校』は県内唯一、水産科のある高校。生物科学部は、2m(2t)水槽をはじめとした50もの水槽を使って水生生物を飼育していますが、なんとこれらの生物を見ていただこうと一般公開しているんです!

海の中をのぞいてみよう

  1. 生物科学部の生徒たちが育てています。
  2. しっかり説明も(^^)
  3. 子どもたちもかぶりつきです。興味津々です。

塩分濃度を調節して、人工的に淡水と海水を混ざり合わせた「汽水域(きすいいき)」をはった最大の水槽には、海の魚と川の魚が一緒に泳いでいます☺️

きれいな魚や地域の身近な魚のほか、風変わりな魚や古代魚、手を浸すと手の角質を食べてくれるドクターフィッシュも。また、地震を予知するといわれているナマズの飼育ににも力を入れているそうです。

生徒らが実習で卵から育てたマダイ。

川魚のアマゴを少しずつ海水に慣らして体長約55センチにもなったたサツキマス。

約100種500匹が大小約80個の水槽に展示されていて、水槽前には、生物の名前や特徴、豆知識などが写真付きで説明されています🐟もちろん生徒たちによる説明も🐠

海の生物と川の生物、そして生徒たちの想いが詰まった『ミニ水族館』を訪れて、水の生物との触れ合いを楽んでみませんか?

『幸せを呼ぶ白いナマコ』は必見ですー❤️❤️

 

 

日時      6・8・10・12・2月の第2日曜日/10:00〜15:00

場所      多度津高校 水産棟1階 漁業生物室

PAGE TOP