知ってる!?香川のノリは・・全国上位の生産量

2018-5-11
海と日本PROJECT in かがわ

風薫る5月・・さわやかな季節に食欲アップ!中の(⋈◍>◡<◍)。✧♡おと★姫子です。

さてお出掛けやお弁当には🍙おにぎり🍙が欠かせませんが、今回のお話の主役はノリ。香川のノリ養殖についてです。

ちょうど今の時期~、春から夏の間は、糸状体と呼ばれるカビのような姿で貝殻などにもぐり込んでいるノリ。養殖は、秋に糸状体から出された胞子を網につける採苗からはじまります。その後・・・育苗をし温度調節のため冷蔵庫で保存するなど手間暇をかけながら海水温が18℃前後になるのを待ちます。そして海水温が下がる11月頃になると海面に網を張りノリを成長させ、約2週間おきに摘み取り、収穫するんです。

ノリを摘み取る姿は瀬戸の風物詩

  1. ノリ収穫専用の「潜り船」
  2. サンポートのすぐ近く浜ノ町でもノリの浮流式養殖が
  3. 11月頃に本張りした網には20~30センチに成長したノリが

さて、濃い色と甘みが特徴の香川のノリですが・・・・近年は後継者不足が問題となっています。仕事の大変さに加えて海の環境の変化も要因のひとつ。ノリは海中の窒素、リンといった栄養塩を吸収して成長しますが、最近は、ある程度瀬戸内海の環境も改善されて栄養塩が少なくなりつつあるのです。香川県では西の方ほど栄養が少なく、ノリの養殖が出来なくなっています。また極端な少雨で栄養塩がほとんど無くなり不作となることも・・・。技術がすすんでもなかなか自然には勝てないようです。

ノリにはビタミン・ミネラル・たんはく質などの栄養素がバランスよく含まれています!🍙何よりご飯との相性は抜群!!🍙

いっぱい食べて漁師さん達を応援したいですよね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

関連リンク

ページ上部へ戻る