伝統漁法🐟地引網を体験

2018-6-3
海と日本PROJECT in かがわ

観音寺市大野原町の花稲海岸で行われた地引き網体験イベントを松田アナウンサーが取材してきました!

地元の自治会でつくる花稲地区地曳網実行委員会が、昔ながらの伝統漁法に触れて海や魚に親しんでもらおうと、1994年から毎年開催されている取り組み。あいにくこの日は雨☔😢でしたが、雨にも負けず家族連れら約100人が参加しました。

沖合に仕掛けられた約300メートルの網を参加者みんなで力を合わせて引き寄せ、瀬戸内の海の恵みを収穫します。

引くことおよそ30分。大漁のコノシロをはじめ、チヌやサヨリなどが網にかかり、ピチピチと飛び跳ねる魚が見えると、子どもたちからは歓声が沸き起こりました。子どもたちは実際に魚に触れるなど普段は出来ない海の魅力を体験できたようですよ✨

この模様は下記番組でONAIRされます。ぜひご覧ください❢

放送日/2018年6月8日(金)ごご3時50分~4時43分 西日本放送「every.フライデ~」内

後日YouTubeでもご覧いただけます。過去の動画も見られますのでぜひチェックしてください😊

初めての地引網体験に悪戦苦闘!?

  1. みんなで一緒にひっぱれ~
  2. 主催者の高橋元嗣さん

普段はあまり海に来る機会が少ないお子さんも参加され、海での体験を楽しまれたようです。「また来たい」という言葉が嬉しいですよね♪

収穫された魚は全て参加者に配布されたそうですよ!松田アナはどんな料理を作ったのかな?!

イリコ🐟なら、コノシロは絶対に酢漬け!あー、イリコ🐟も参加したかったな😢

関連リンク

ページ上部へ戻る