menu

坂出港の繁栄と歴史を憶うまつりが復活!

こんにちは。今日も食卓で大活躍、shioです(・s・)
今回は、5月27日㈯に開催された、「さかいで港まつり」のレポートをお届けします♪

坂出市、市制施行75周年記念事業の一環として、5年ぶりに復活した「さかいで港まつり」。
この祭りは、久米通賢の指揮のもと、塩業で栄えた坂出のまちと、その塩を全国へ送り出す商業港として栄えた坂出港の繁栄とその歴史を憶うイベント。
会場となった坂出の商店街は、坂出の中心地と港を結んでおり、地域住民のみならず外から来た人にも愛されていました。昔から、多くの人が行き交う通りだったんですね~(・s・*)

3つのメインイベント

  1. そろいの浴衣を着て踊る、「みなとおどり」
  2. 懐かしい遊びや屋台を体験できる土曜デー
  3. 世界的アーティスト保坂さんが手掛ける、ソルトアート

今回の「さかいで港まつり」では、3つの大きなイベントがありました!

・涼しげな浴衣に身を包んだ、11連(約460人)の踊り子がおはやしに合わせて踊る「みなとおどり」。
・輪投げや射的の懐かしいゲームから良いにおいが漂う屋台まで、たくさんの子連れの方でにぎわう「第4土曜デー
・世界的なサンドアーティスト保坂俊彦さんが手掛けたソルトアートのお披露目と、即興制作
一つひとつがとっても楽しめるイベントでした!

にぎやかで明るい声と音楽が響き渡った1日でした。(´s`*)
海とともに発展してきた坂出のまち。大勢の商業人で賑わっていた頃も、こんな感じだったんのでしょうね~♪

イベント名坂出市市制施行75周年記念事業「さかいで港まつり」
日程5月27日(土)16:00~
場所坂出商店街
主催さかいで港まつり実行委員会
協賛坂出市・坂出商工会議所・坂出市教育委員会
協力坂出市商店街連合会・坂出青年会議所
PAGE TOP