menu

真夏の塩飽諸島で学生アートプロジェクト

岡山県と香川県の間、瀬戸内海に浮かぶ”塩飽諸島”の4島で、東京の美術大学に通う学生たちがアート作品を生み出すプロジェクト、『HOTサンダルプロジェクト2016』が開催されました。

未来のアーティストを育てる”アトリエ”として、瀬戸内海の本島・広島・手島・小手島(丸亀市)の4つの島に約30名の学生がひと月滞在し、各々の作品を作り上げるというこのプロジェクト。
各島々の島民も積極的に学生たちと関わり合い、未来のアーティストの作品づくりに新たな風を吹き込みました。

8月19日(金)から21日(日)にかけて各島で開催された学生たちの作品発表会。
今回は、最終日に開催された手島での作品発表会に伺いました。

自然豊かな塩飽諸島

  1. 豊かな瀬戸内海を臨む西浦
  2. 8月の初めには満開だったという、手島名物のひまわり畑も。
  3. 光を反射するサンセット

作品制作の舞台となる丸亀市の”塩飽諸島”は、岡山と香川を結ぶ瀬戸大橋の西側に位置し、瀬戸内の穏やかな海に囲まれた自然豊かな島々。
暑い夏にも爽やかな潮風が吹き抜け、日暮れ時には瀬戸内に沈みゆく美しい夕陽とその赤々とした光を反射する美しいサンセットを望みます。

近年、過疎化が進むというこの島々には独特の緩やかな時間が流れており、訪れた人の心を穏やかにしてくれたような気がしました。

作品発表会 in 手島

  1. プロジェクトに参加した美大生や島民のみなさんの前で作品について色々と説明をする学生さん。
  2. 島民の方々も興味を持って、作品の説明を聞いていました。
  3. 発表会の最後に上映された、島民の皆さんと学生さんによるコマ撮りアニメーション。

8月21日(日)に開催されたHOTサンダルプロジェクト2016 手島での作品発表会。手島の中部に位置する手島自然教育センター体育館で開催された発表会は4島の中では最後の開催でした。

全5名の学生が、島に滞在している間に制作した作品を島民や別の島に滞在していた学生たちの前で発表しました。

『未来の展覧会2016』開催!

  1. 参加学生の作品を丸亀市内で楽しむことが出来ます。

ここで、HOTサンダルプロジェクト2016の作品展覧会をご紹介します。
島に滞在し、島で描いた・制作した作品を展示している展覧会。
塩飽諸島で過ごしたひと月の間に、未来のアーティストたちが何を感じ、何を描いたのか…。ぜひ、ご覧ください。

『未来の収穫祭2016』
・日 時 8/27(月)~9/4(日)
     9:30~16:30
・会 場 丸亀市生涯学習センター 1Fギャラリー
・入場料 無料

イベント名HOTサンダルプロジェクト2016
参加人数毎年約30名
日程8/1(月)14:00~ 入島式/8/10(水)・11(木・祝)13:00~ ワークショップ/8/19(金)・20(土)・21(日) 作品発表会/8/24(水)14:00~ 卒島式
場所本島・広島・手島・小手島(丸亀市)
主催HOTサンダルプロジェクト実行委員会
PAGE TOP