海の未来を変える挑戦

2018-12-10
海と日本PROJECT in かがわ

ご無沙汰してます。江戸前anagoです。久々に東京での話題をご紹介!

11月27日、日本財団ビルで「海洋ごみ対策のソーシャルムーブメントについて」の記者発表が行われ、江戸前anagoも参加してきました。会場には多くのカメラが並び、関心の高さが伺われました。

その内容はというと・・・増え続けている海洋ごみ、その大半はプラスチックです。魚のおなかからプラスチックが見つかるなど、このままでは人間への影響も懸念されています。しかし、日本の対応は外国と比べても鈍いのが現状なんだそうです。

その現状を変えるために立ち上げられたプロジェクトが「CHANGE FOR THE BLUE 海の未来を変える挑戦」です。プロジェクトの名前には、海の豊かさを守り(the blue)、海にゴミを出さない(change)という想いが込められています。

海洋環境の危機、急がれる対策

  1. 笹川会長からも世界の危機的状況が語られました
  2. 海洋ごみの発生メカニズムも紹介されました

有識者による検討委員会の設置や、コンビニと連携してペットボトル回収を進めるなど産官学が一つになって海洋ごみ対策を進めようというプロジェクト。

この取り組みが世界に理解され、国内外へ波及されることを目指したい!まずは日本人の関心を高めて、未来を変える挑戦を実現していきたい!とプロジェクトが始動しました。

もちろん「海と日本プロジェクトinかがわ」も微力ながらプロジェクトを推進します。このサイトを見ているあなたも、海洋ごみの問題は身近な問題と捉えて「海の未来を変える挑戦」に参加してくれると嬉しいです😊近所のごみ拾い活動も立派な取り組みの一つですよ!

少し硬い話題でしたが、未来のために、海のために、地球のために大切なことなのです。読んでくれてありがとう!江戸前anagoでした。

関連リンク

ページ上部へ戻る