レポート
2022.02.24

クリーン活動をされている方の想い

こんにちは、うどんまんです。
 
今日は、友人のKさんが素敵な活動をされていたので、
ご許可をいただいて紹介させていただくことにしました。
 
双子のお子さんと海に散歩に行ったときの様子を語られています。
山も海もあり、自然豊かな恵まれた地域にお住まいとのこと。
 
遊ぼうと思った矢先、目に飛び込んでくるのは
落ちているたくさんのごみ。
 
見て見ぬふりのできないKさんは、素敵なご友人が
『いつでもごみ拾いできるように、車にいつもごみ袋積んでるの〜』
と話されていたのを真似されており、
車にごみ袋を取りに戻ってごみ拾いをはじめたそう。
 
拾えど拾えど 、たくさんのごみが出てくる。
なにこれ〜というようなごみもたくさんあるようだ。
 
マスク、ペットボトル、洗濯洗剤ボトル、針金…
中でも嫌だったのは、ペットボトルの中に入ったコーヒーとタバコだった。
 
これら全てを、ご自身の家に持って帰って、
分別して捨ててくださっている。
 
 
海にもにごみ袋が設置されて、ごみの管理が楽になればいいんですけどね。
まだまだ障壁が多いのでしょう。
 

綺麗な海岸はみなさんの心で保たれている

  1. あっという間にいっぱいになったごみ袋
  2. 綺麗な松
  3. シンボル
海岸寺の海は、たくさんの方がごみ拾いをしていると聞きます。
そして、綺麗な松が飾られています。
 
こういう美しい環境がいつまでも保たれてほしいです。
 
そして、美しい環境を保ってくださっている方がいらっしゃることを、
利用する側の人も知っておく必要があります。
 
クリーン活動を行うのは、少しヨイショのいることかもしれません。
しかし、出したごみを持って帰ることは、誰にでもできることです。
 
改めて日頃の行いを見直したいですね。
お話しを聞いて、身の引き締まる思いでした。
 
Kさん、素敵なご活動ありがとうございます!
\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

「イイダコ」がまた?庶民の味に?!・・完全養殖成功と放流
レポート
2024.07.18

「イイダコ」がまた?庶民の味に?!・・完全養殖成功と放流

ファイトォ~!重岩と瀬戸内海の絶景目指して「小豆島」
レポート
2024.07.17

ファイトォ~!重岩と瀬戸内海の絶景目指して「小豆島」

ページ内トップへ