ペンギン16羽に!新屋島水族館

2018-12-5
海と日本PROJECT in かがわ

冬になっても!やっぱり海の生き物とふれあいたい!!と新屋島水族館に行ってきた(⋈◍>◡<◍)。✧♡おと★姫子です。

そこで!嬉しいお知らせが・・・。4年前6羽やってきた水族館のアイドルのペンギン達がなんと‼16羽に増えているではありませんか♡
水族館のスタッフさんに伺うと、ペンギンは1度に2個づつ卵を産むそうですが、順調に出産、羽化して…賑やかファミリーになったそうです。みんな同じ方向を見てペコペコと歩く姿は何とも言えない愛らしさ。皆さんも是非、会いに行ってみてくださいね!

130種1千匹の海の生き物と触れ合おう

  1. 高松市の新屋島水族館
  2. ニモ♡発見
  3. アメリカマナティーは国内でも6頭…そのうち2頭がここに

新屋島水族館は屋島の山の上で海を体感できる日本でも珍しいスポットです。水族館のシンボルは何といっても2頭のアメリカマナティー。元気いっぱいのオスのベルグ(29歳)は26年前に、おっとりした性格のメスのニール(27歳)は24年前にやって来ました。当時も・・・そして今も、アメリカマナティーと触れ合えるのはとても貴重。現在、日本全国に6頭しかいないうちの2頭なんです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

マナティーの平均寿命は60年~70年という事で、まだまだずっと長生きしてくれそうです。見ていると・・・あ~癒されるぅ。

その他にも、楽しいイルカショーを見たり、コツメカワウソや映画「ファインディング・ニモ」でお馴染みのクマノミやユニークなチンアナゴやかっこいいサメ 等々、あなたのお気に入りの生き物を探してみてくださいね。

瀬戸内海の生き物たち

  1. 目の前の海の中が・・・
  2. おとぼけ顔のカワハギ
  3. コブダイもいるよ

そして、「瀬戸内海の生き物たち」のコーナーも興味深々!普段は上から覗いて想像していた目の前の海。そっかあ!海の中ではこんな風に魚たちが群れているんですね。タイにカワハギ・・美味しそう(⋈◍>◡<◍)。✧♡えへへ。釣りに行かれる方は、参考になるかも?ですよ。

寒い季節になってきましたが、海の中の生き物は今日も元気にそれぞれの場所で活動しています。水族館で思いをはせてみませんか!?

関連リンク

ページ上部へ戻る