海の伝統芸能 住吉神社夏祭り@小豆島

2018-8-31
海と日本PROJECT in かがわ

小豆島、土庄町の景勝地・双子浦の沖合に浮かぶ小豆島(あずきしま)に鎮座する住吉神社の夏祭りが8月5日に行われました。小豆島は周囲が45メートルほどの小さな島。

町誌などによると、かつて祭りの日には船を出し、対岸にある王子神社の祭壇に御神体を移す“海上渡御”が行われたとされます。海上渡御は、島がカワウのふん害に遭うなどして中断していた時期もありましたが、2013年に再開して以来、毎年続けられているそうです😊

のぼりやササなどで飾り付けた5隻の船に分乗し、小学生が太鼓やラッパを鳴らす中、小豆島に到着すると、男性たちが海に入って御輿を降ろし『チョイサー』のかけ声とともに繰り返し高く差し上げられます。

参加した子どもたちも「自分の子どもにも残せるようにしたい」と言っていました。このような海の伝統、守り続けていきたいですね!

この模様は下記番組で放送されます。
放送日/2018年8月31日(金)ごご3時50分~4時43分 RNC「every.フライデ~」内
後日YouTubeでもご覧いただけます。他の動画もぜひチェックしてくださいね。

関連リンク

ページ上部へ戻る