レポート
2023.03.20

第2回海ごみゼロチャレンジ in 高松漁港

3月18日(土)第2回海ごみゼロチャレンジ in 高松漁港が開催されました。

前日から雨が降り始めお天気が心配でしたが、スタート時間には小雨になり無事にスタート😄

世界的にも大きな問題となっているプラスチックごみによる海洋汚染。

瀬戸内海や身近な漁港にも、私たちの生活から出たペットボトルやビニール袋、空き缶などがたくさん😥

130人の参加者が、海ごみゼロを目指して清掃活動に取り組みました。

クリーンアップ開始

  1. 漁網の中にも“ごみ”が散乱
  2. 細かなところまで清掃します
  3. 回収した“ごみ”

私が参加した高松漁港南エリアでは、漁網の隙間を埋めるように、

■ペットボトル ■空き缶 ■お菓子のフィルム ■マスク ■タバコのフィルター

などが散らばっていました😥

高松漁港北エリアでは、海岸のテトラポットの中に挟まったプラスチックごみもたくさんあったそうです。

全205袋(30L)、重量416㎏ のごみを回収しました。

小雨の中でしたが、楽しく、とても勉強になりました!

参加してくださった皆さん

  1. 大的場海岸スタートチーム
  2. 漁港北エリアチーム
  3. 漁港南エリアチーム

今回のこのイベントには、

■亀阜地区コミュニティ協議会の皆さん

■日新地区コミュニティ協議会の皆さん

■二番丁地区コミュニティ協議会の皆さん

■瀬戸内漁業協同組合の皆さん

■高松市中央卸売市場運営協議会の皆さん

その他にも 香川大学、高松市役所職員、香川県職員 などが参加しました。

地域の皆さんのご協力があってこそ!ですね。お疲れさまでした😊

イベント詳細

イベント名第2回 海ごみゼロチャレンジ in 高松漁港
参加人数130名
日程令和5年3月18日(土)8:30~10:30
場所高松漁港周辺、大的場海岸
主催瀬戸内オーシャンズⅩ推進協議会
\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

「イイダコ」がまた?庶民の味に?!・・完全養殖成功と放流
レポート
2024.07.18

「イイダコ」がまた?庶民の味に?!・・完全養殖成功と放流

ファイトォ~!重岩と瀬戸内海の絶景目指して「小豆島」
レポート
2024.07.17

ファイトォ~!重岩と瀬戸内海の絶景目指して「小豆島」

ページ内トップへ